【工場夜景】冬の北海道旅行記ver.2~室蘭編part 1~ (登別→室蘭)【室蘭やきとり】(2019.1.2)

スポンサーリンク

冬の北海道旅行

2019年の始めに冬休みを利用して冬の北海道に行ってまいりました!

「冬に北海道?寒いのにわざわざ行くねえ。」

「スキーで行くの?あっ観光なんや。」

などなど、ネガティブな声が聞かれる冬の北海道旅行。しかし!北海道には冬にしか見られない多くの魅力があるのです!

私は真夏に北海道に訪れたことがあるのですが、冬の北海道はまた夏とは違った楽しさが盛りだくさんでした。日中でも氷点下の気温を示す極寒の地ではありますが、その代わり、素敵な景色をたくさん楽しめるたいへん魅力的な場所でした。

今回は室蘭に訪れたのでその内容について取り上げようと思います!

ver.1~登別編~は↓になります。見ていない方は合わせて見ることをオススメします!

【冬の地獄谷】冬の北海道旅行記ver.1~登別編~【登別半日プラン】(2019.1.2)
冬の北海道旅行 2019年の始めに冬休みを利用して冬の北海道に行ってまいりました! 「冬に北海道?寒いのにわざわざ行くねえ。」 ...

それでは、冬の北海道旅行ver.2~室蘭編part1~のはじまりです!

行程

登別駅⇒(JR)⇒室蘭駅[夕食:鳥辰 本店]測量山展望台ホテルミリオン→地球岬→室蘭駅⇒(JR)⇒輪西駅→潮見公園展望台→輪西駅(後半はpart2にて。)

【冬の地球岬】冬の北海道旅行記ver.3~室蘭編Part 2~【潮見公園展望台】(2019.1.3)
冬の北海道旅行 2019年の始めに冬休みを利用して冬の北海道に行ってまいりました! 「冬に北海道?寒いのにわざわざ行くねえ。」 ...

登別駅から室蘭駅までは鉄道で移動。室蘭ホテルミリオンというビジネスホテルに荷物を預けた後、地元で有名な焼き鳥屋・鳥辰 本店で夕食を食べました。

その後、工場夜景を目的に、雪が積もるなか測量山展望台へと徒歩で向かいました。

徒歩多めの結構ハードめな行程になっております。体力のある人にオススメのプランですね!

室蘭に関する詳しい情報が室蘭の観光情報サイトに掲載されています。

旅行レポート

登別駅から鉄道(JR)で室蘭駅へ移動しました。

◆所要時間:約30分 450円

特急を使っても大きく所要時間は変わらないです。なお、座席はガラガラでした。。。

近代的な駅舎が印象的。しかし駅前は非常に閑散としており寒々とした雰囲気でした…。

室蘭駅から徒歩5分程度の場所にあるホテルミリオンというホテルに一旦向かい、荷物を預けました。

このホテルは一人4,500円という低価格で宿泊可能です!

建物が若干古く、暗い雰囲気が部屋に漂っているのは否定できませんが、人間味あふれるおばちゃんが切り盛りするアットホームなホテルです。

宿に強いこだわりはない、安く泊まりたいという人にはオススメですよ。

味の大王 室蘭本店

冬の北海道旅行記ver.1~登別編~で行きそびれたカレーラーメンで有名な味の大王ですが、室蘭本店ならきっと空いているはず…!希望を胸に店へと向かいました。

またも休業中orz

年末年始だから仕方ありませんね…。この記事を見た人は是非入念なリサーチのもと訪れることをオススメします。

店舗情報

店名:味の大王 室蘭本店

住所:北海道室蘭市中央町2-9-3

TEL:0143-23-3434

営業時間:11:00~20:30(LO)

今回のように臨時休業の可能性もあるので事前に調べておくことをオススメします。

定休日:火曜日

公式HP

鳥辰 本店

気を取り直して、室蘭で一番人気とされる居酒屋・鳥辰本店に訪れました。こちらは年末年始で休業中の店が多いなか元気に営業していました。店内もかなり賑やかな雰囲気でした。

室蘭日本三大焼き鳥の街のなかの一つだそうです。(他は埼玉県東松山市愛媛県今治市)
そんな室蘭のなかでも大人気な鳥辰本店、鳥料理をたらふく堪能することに致します・・・。

チーズつくね(450円)

鳥ナンコツから揚げ(520円)

流石鳥料理が自慢の店なだけあって、クオリティが高いです…!生ビールや北海道の地酒との相性も抜群です!

なすの揚げ出し(800円)

大きななすを丸ごと使用した贅沢な一品。大根おろしとネギとの組み合わせがたまりません。

やきとり丼(580円)

〆にやきとり丼を頼みましたが、焼き鳥が串に刺さったまま丼の上に乗っているのは生まれて初めて見たかもしれません…笑。

そしてタレが神的にうまい!これはご飯がガンガン進みますなあ!

ちなみに焼き鳥は鶏肉と長ネギを交互に刺すのが一般的ですが、ここでは長ネギの代わりに玉ネギを使用しています。北海道は玉ネギの産地で安く手に入るため、室蘭やきとり玉ネギを使用してるのだそうです。

どの料理も非常に美味しく、地元の人達の談笑による温かい雰囲気にも囲まれ、とても幸せなひとときを過ごすことができました。室蘭に訪れた時には絶対に訪れるべき店だと断言します!

店舗情報

店名:鳥辰 本店

住所:北海道室蘭市中央町2-4-17

TEL:0143-23-3938

営業時間:[月~金] 17:00~24:00  

     [土・日・祝] 16:30~24:00

定休日:毎週月曜日(月曜日が祝日のとき、翌日の火曜日が休み)

公式HP

測量山展望台

美味しい鳥料理でスタミナを付けた後は、測量山展望台まで登山します!笑

氷点下で雪がしんしん積もるなか街灯も十分でない暗い夜道を歩くには、体力のみならず精神力も必要になっていきます。自信のある方のみ訪れてみるとよいでしょう笑。


しばらく平坦な道を歩いた後は、雪がびっしり積もった登り道を歩いていきます。くれぐれも防寒対策は万全に、悪天候時には引き返すことをオススメします。

写真見るだけで恐怖心が芽生えてきます。

恐怖心に耐え抜きながら登りきると、ライトアップされた室蘭テレビの電波塔が間近に迫ってきます。

これが有名な室蘭夜景です!

室蘭のシンボル・白鳥大橋です。実は東日本最大の吊り橋であります。

積雪寒冷地に建設された国内初の長大橋であることから、建設当時の最先端の技術が盛り込まれた吊り橋であります。

ライトアップされていてとても綺麗です。ここからの景色の他に、白鳥大橋展望台祝津公園展望台からの白鳥大橋も見事な景観だそうです。

新日鐵住金室蘭製鐵所の工場夜景です。(少し暗めに映ってしまいましたが・・・。)

室蘭「鉄のまち」「ものづくりのまち」と呼ばれますが、この製鐵所はまさにその代表格でしょう。年末年始にも関わらず操業しているようで、おつかれさまです。

室蘭港の綺麗な夜景です。

JXTGエネルギー室蘭製造所の工場夜景です。ここの夜景も室蘭を代表する光景です。

この工場はナイトクルージングでの見学がオススメです。船の上から見る間近な室蘭製造所の夜景は間違いなくSNS映えすることでしょう。詳しくはこちらです。予約もこのHPから可能です。運行期間が4月~11月限定なので注意です!もちろん今回は行けませんでしたー!

ちなみにJXTGエネルギー室蘭製造所は既に閉鎖が決定しています。近い将来、この素敵な夜景が見れなくなるかもしれません。今のうちに訪れることをオススメしますよ!

神戸函館などの派手な夜景と比較すると、室蘭の夜景はやや地味であることは否定できません。しかし、もくもくと煙をあげながら操業する工場群の夜景や煌びやかな白鳥大橋の姿は、この街が「生きている」と感じさせる温かみのある夜景でした。

夜景を楽しんでいる間にとてつもなく寒くなってきたのでホテルミリオンへと戻り、眠りにつきました。次の日は地球岬からの朝日から一日が始まります!

まとめ

今回は室蘭名物の焼き鳥全国屈指の工場夜景を堪能しました!鳥辰本店では、地元の人達の賑やかな年始の雰囲気のもと、美味しい料理やビール/地酒を楽しむことができ、至福の室蘭の夜を過ごすことができました。

また、測量山展望台からの工場夜景は、鉄鋼業をはじめ造船業/化学工場等の工場が林立する「ものづくりのまち」ならではの夜景を感じられました。

この記事は主に夜の室蘭を楽しむ内容となりました。室蘭は北海道のなかではマイナーな都市ではありますが、実際に訪れてみると北海道を代表する重化学工業・港湾都市としての一面をいたるところで実感することができ、きっと素敵な場所だと感じるはずです。

~室蘭編part2~では朝の室蘭の魅力を伝えていきますのであわせて見ていってください!
それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!!!

【冬の地球岬】冬の北海道旅行記ver.3~室蘭編Part 2~【潮見公園展望台】(2019.1.3)
冬の北海道旅行 2019年の始めに冬休みを利用して冬の北海道に行ってまいりました! 「冬に北海道?寒いのにわざわざ行くねえ。」 ...

Booking.com