【無欲無心】鎌倉旅行記①【真夏の鎌倉散策】(2017.8.19)

今回は1日で回れる鎌倉のオススメの観光地について紹介します。まずは鎌倉について簡単に説明。

スポンサーリンク

鎌倉について

鎌倉は、現在の神奈川県鎌倉市の中心部に当たる地域です。源頼朝を旗頭として、北条時政、北条義時らによって鎌倉幕府が置かれた都市であり、三浦半島の付け根に位置し、相模湾に面しています。鎌倉時代には日本の政治において最も重要な位置のひとつを占めていました。12世紀末から14世紀半ばの1333年まで幕府が置かれていました。現在の鎌倉は、古都保存法によって乱開発が規制され、古社寺や史跡、神奈川県唯一の国宝建築である円覚寺舎利殿を含めた文化財が比較的多く残っています。また市が観光振興に力を入れていることもあり、観光を主な産業として今なお繁栄しています。

行程

北鎌倉駅→円覚寺→建長寺→鶴岡八幡宮→[昼食:和彩 八倉]→銭洗弁財天→[カフェ:鎌倉CafeTerrace樹ガーデン]→高徳院(鎌倉大仏)→由比が浜→[夕食:rooftops]→鎌倉駅

全て徒歩です。約20kmぐらい。めちゃくちゃしんどいです。

旅行レポート

関西某所から東海道新幹線にて新横浜駅まで向かったのちに北鎌倉駅へ。鎌倉観光はバスやレンタサイクル、タクシーなどを使うのが一般的ですが今回はALL徒歩で行きました。真夏の炎天下にかなりストイックな行程になってしまいました。

円覚寺

北鎌倉駅から歩いてすぐのところにある円覚寺。このあたりは北鎌倉エリアと呼ばれており、小町通り鶴岡八幡宮周辺のようながやがやした雰囲気とは違い落ち着きがあり趣深い印象のエリアになっています。円覚寺は、蒙古襲来時に戦死者を追悼するために鎌倉時代に創建されました。格式高い山門、国宝の舎利殿などが見所です。

拝観料:300円 中学生以下100円(ICカード使用可能)

拝観時間:8:00~16:30(12~2月は~16:00)

総門前の石段。厳粛な雰囲気が漂います。

三門(山門)。格式高い二重門で、楼上には観音像や十六羅漢像などが安置されています。夏目漱石の作品にも登場するそうです。

洪鐘(おおがね)。国宝に指定されている梵鐘。鎌倉三名鐘で鎌倉一の大きさを誇ります。

円覚寺には、他にも神奈川県で唯一の国宝建造物に指定されている有名な国宝舎利殿があります。しかし、普段は非公開で、正月五月連休11月の宝物風入のときのみ一般公開されているようで今回は目にすることができませんでした。是非この期間を狙って訪れるとよいでしょう。

円覚寺から建長寺へと向かう途中にこんな張り紙を見つけました、私利私欲にかられがちな現代人の心に染みるフレーズであります。

建長寺

円覚寺から15分ほど歩くと建長寺に到着します。建長寺は臨済宗建長寺派の総本山で鎌倉五山の第一位です。広大な境内と壮大な伽藍を持ち、国宝に指定された梵鐘もあります。

拝観料:300円

拝観時間:8:30~16:30

三門。江戸時代の建立。関東大震災で倒壊したが再建。門扉も壁もない吹き流しで、上層には五百羅漢などを安置しています。

「建長興国禅寺」と書かれたこの額は六畳分の大きさがあるらしいです!

総門

方丈庭園。開山の蘭渓道隆の作といわれる庭園。池は、真上から見ると草書体の「心」の形をしています。落ち着いた雰囲気の庭園でいつまでも座ってのんびりしたくなります。

建長寺から鶴岡八幡宮へ向かう道に吹き抜けの風が気持ちいいトンネルがありました。ロードバイクで走り抜けるライダーさんも多かったです。有名なサイクリングコースなのでしょうか。

鶴岡八幡宮

建長寺から20分ほど坂を上り下りして歩くと鶴岡八幡宮(の裏口?)に辿り着きます。このあたりから一気に観光客が増え、賑やかしい雰囲気に変わります。鶴岡八幡宮は源頼朝により創建され、鎌倉幕府の中枢として栄えた神社です。歴史を感じる建物に加え、季節ごとに咲く花々も見所です。

拝観料:無料

拝観時間:8:30~16:30

本宮(上宮)。大石段を上ると楼門。その奥に、拝殿とつながった本宮がある。上宮ともいわれ、現在の建物は、徳川家斉の命により建てられた流権現造りである。若宮とともに国の重要文化財に指定されています。本宮内の宝物殿には鶴岡八幡宮ゆかりのみこし、武具、工芸品などを展示、毎年正月には企画展が開催されます(200円)。

大石段の下から本宮を見上げる。

その後鶴岡八幡宮から小町通りへ移動。非常に人が多いです。。。

小町通り

小町通りは、鎌倉駅東口から鶴岡八幡宮を結ぶ商店街。飲食店やお土産店がひしめき、年間を通して多くの観光客で賑わっています。

和彩 八倉 小町通り店」(0467-61-3070営業時間11:0020:00年中無休)にて昼食。職人の技で仕上げる地魚や鎌倉野菜メニューが揃っています。今回は「鎌倉野菜天丼」1,600円税込)を注文。色彩豊かな鎌倉野菜をふんだんに使用し天ぷらにした優しい味のする一杯。歩き疲れた身体を癒してくれます。

昼食後は銭洗財弁天へ徒歩で移動します。。。この続きは『鎌倉旅行記②』まで。



Booking.com

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする