【姫路城大改修中】姫路旅行記【西の比叡山】(2014.5.3)

今回は、GW初日にピオレ姫路で行われたPerfumeイベントRhizomatiks inspired by Perfume mini ver.のついでに姫路観光してきたのでその内容について取り上げます。姫路駅でレンタサイクルを借りることが可能なので、自転車で姫路の街を縦横無尽に駆け回ってきました!縦横無尽といっても姫路がそこまで観光地だらけの街ってわけでもないので、朝から夕方までの時間内で余裕で回れる行程になっております。姫路観光の折には是非本記事のプランを採用してみるのもよいでしょう!

スポンサーリンク

姫路について

姫路市は兵庫県の南西部(播磨地方)に位置する市です。神戸市に次いで兵庫県で第二位の規模を誇る都市であり、播磨地方の中心都市であります。世界遺産の姫路城・書写山圓教寺が有名です。特に姫路城日本三名城のひとつに数えられ、全国の戦国ファンが訪れる場所であります。中心駅である姫路駅には山陽新幹線のぞみ号・みずほ号が止まる便もあり(一時間に1~2本)、アクセス良好な都市です。

行程

姫路駅→[朝食:えきそば姫路駅店]→ピオレ姫路→姫路城→書写山圓教寺→[昼食:ラー麺ずんどう屋総本店]→姫路駅

移動はすべてレンタサイクルです。主な行き先は姫路に来たら誰しもが行くであろう二か所のみと極めてオーソドックスなプラン。ただ姫路駅周辺から書写山圓教寺まで約8 kmほどの距離があるため、サイクリングに慣れてる人じゃないと少し遠く感じるかもしれません。バスなどの公共交通機関の利用もありでしょう。

旅行レポート

姫路より東の近畿圏の街からJR山陽本線在来線で姫路駅までやってきました。

えきそば姫路駅店

朝ごはんに姫路駅名物「えきそば」をいただきました。終戦後、何もない混乱期に統制品であった小麦粉の替わりにこんにゃく粉とそば粉をまぜたそばを販売、その後試行錯誤の結果、かんすい入りの中華麺に和風だしというミスマッチの商品が誕生、それが現在のえきそばであるそうです。(まねき食品株式会社HPラーメンのような腰のあるそば麺が印象的でした。しっかりエナジー補給してこれから観光です。

ピオレ姫路

ピオレ姫路自体はどこにでもあるような駅前のショッピングモールという感じですが、今回Perfumeにまつわる展覧会があるということで訪れました。

詳細についてはお問い合わせホームからよろしくお願い致します。

ピオレ姫路から眺めた姫路駅姫路城を結ぶメインストリート「大手前通り」の様子です。なんだか姫路城が改修中な気がするけど気のせいですかね。。。

展覧会を見て戦利品も購入し満足した私は姫路駅構内の観光案内所にてレンタサイクルを借りることにいたしました。手順といたしましては、

①観光案内所で手続き

②駅西自転車駐車場へ徒歩で移動

③自転車を借りる

以上です。とても簡単です。無料で借りることができるので絶対にオススメです。ただし返却期限を守り節度をもった使い方をすること!

そして大手前通りを自転車で疾走し姫路城へと向かいます。

姫路城

姫路城は別名白鷺城ともいい、江戸時代初期に建てられた天守や櫓等の主要建築物が現存しており、国宝・重要文化財に指定されています。また、平成5年12月、奈良の法隆寺とともに、日本で初の世界文化遺産に認定されました。美的完成度が高いことや日本独自の城郭構造がよく示されていることが認定の理由だそうです。姫路城はときに日本一の名城ともいわれ、その理由として巧妙な螺旋式縄張(江戸城と姫路城にしか例がない)美しい連立式天守閣、不戦・不焼の城(400年の歴史の中で戦災に遭わなかった)、の三点があげられるそうです。お城には詳しくはないですが、日本一と聞くとテンション上がります。ちなみに、2009627日から2015318日にかけて平成の大修理ともいわれる国宝姫路城大天守保存修理工事が行われました。大天守の白漆喰の塗り替え・瓦の葺き替え・耐震補強を重点として補強されました。私が訪れたときはこの平成の大修理の真っ只中であり、ある意味レアな改修中の姫路城の姿を見ることができました(笑)。

入城料:大人 1,000円(18歳以上)、小人(小中高生)300円

団体料金や共通券もあります。詳しくはコチラ

拝観時間:9:00~16:00(閉門17:00)、夏季(4/27~8/31)は9:00~17:00(閉門18:00)

公式サイトは以下から。

姫路城HP

歴史に興味のある方はこちら。

姫路市立城郭研究室HP

レンタサイクルでやってきました。

以下、姫路城(改修中)のショット集です。

今まで見た城よりも遥かに大きなスケールに圧倒され、城素人の私にもこれはすごい城だなと感じました。また、城の白さ(失笑)にもびっくりです。ただ、ほんとに改修中なのが残念(涙)。お城のなかも非常に広大であり(写真はないですが)、日本一の名城なる理由が分かった気がしました。

姫路城をあとにし書写山圓教寺へと自転車で向かいます。けっこう遠いです。

書写山圓教寺

書写山圓教寺は西国三十三所のうち最大規模の寺院で、「西の比叡山」と呼ばれるほど寺格は高く、中世には、比叡山、大山とともに天台宗の三大道場と称されたほどです。圓教寺の境内は書写山の山上一帯を占め、境内地は東西に長く広がり、非常に自然豊かな山岳寺院の様相を示しています。また、ハリウッド映画「ラストサムライ」や、NHK大河ドラマ「武蔵」「軍師官兵衛」のロケ地にもなりました。これらの作品が好きな人は訪れてみるといいでしょう。

志納金:500円(中高生以下無料)

書写山圓教寺HP

書写山ロープウェイ情報

料金:往復:大人900円、小人450円

片道:大人500円、小人250円

団体料金やセット券などもあります。詳しくはこちら

運行時間:始発8:30 終発は平日or土日、季節により変動アリ(16:45~19:00)※15分間隔 詳しい運行時間はこちら

公式サイトはこちら

書写山ロープウェイに乗ります。姫路の街を一望できます。やはり高いところはいいですなあ。

ロープウェイ山上駅から摩尼殿までは、西国三十三観音像を配置した参道を約1 km、15~20分ほど歩きます。志納所前から摩尼殿の下まで、マイクロバスも運行しており、特別志納金500円で往復ご乗車できるようです。

木陰の気持ちいい参道をしばらく歩くと圓教寺へ到着。

こういう山の中にあるお寺は雰囲気が良く大好きです。

高低差のあるお寺なので眺めを見るのが楽しいです。

こういう山岳寺院っぽい雰囲気のある道はテンションあがります。

のんびりするスポットがかなり多く、一日中このお寺でボーっとするのも楽しそうです。広めの境内で色々探検してみると面白い発見がありそうです。

お寺散策ののちにロープウェイで下山、自転車で姫路の街へと戻りお昼ごはん。今日のお昼ご飯は私の大好物であるラーメンです!

ラー麺ずんどう屋総本店

城下町姫路発祥の背脂系濃厚とんこつらーめんラー麺ずんどう屋2002年に姫路で誕生したそうです。その美味しさが評価され現在全国へと店舗拡大中です。姫路に有名なラーメン屋の総本店がある!とネットで知り、腹ペコを我慢しながら自転車を思い切り漕いで向かいました。

ずんどう屋HP

総本店らしい飾らない外観をしています。

味玉ラーメンを注文。麺かたこってり!

めちゃくちゃうまい。。。

まろやかな濃厚とんこつスープと絡み合う細麺が絶妙なハーモニーを奏でています。臭みが抑えられた甘めのスープに舌が踊り、入れ放題の高菜とも抜群のコントラストを演出しています。味玉も絶品!今まで食べた豚骨ラーメンのなかでもかなり上位ランクインするレベルでした。当時は自宅の近くにずんどう屋がなく、ここ姫路で食べたのが初めてだったので、このラーメンをいつでも食べれる姫路の人たちが羨ましいなあと思いました。ちなみにこの訪問の半年後ぐらいに自分の住む街にずんどう屋がオープンされ踊り狂うほど喜んだ記憶があります(笑)。まだ行ったことないって人は是非行くべきです!

替え玉まで注文してお腹いっぱいの私は姫路駅へ戻りレンタサイクルを返却、電車で帰りました。

まとめ

Perfumeの展示会のついでではありましたが、姫路城書写山圓教寺といった歴史的な場所に自転車で駆け巡る今回の旅行はとても楽しかったです。アクセスも良好でレンタサイクルも気軽に借りれるので、日本一の名城や格式高い山岳寺院にもっと多くの人が足を伸ばしてくれたらなと思います。特に姫路城はもう改修工事も終了しており、この記事の写真よりもきれいな姿が見れると思います(笑)。以上、姫路旅行記でした!
Booking.com