【Perfume FES!! 2017】Perfume×ホルモン対バン感想【ライブレポ】(2017.9.14)

少し日付が経ちましたが、先日大阪城ホールで行われた「Perfume FES !! 2017」大阪二日目マキシマム ザ ホルモンとの対バンに参戦してまいりました!Perfume×ホルモン2013年ZeppNambaで行われた対バン以来実に4年ぶり!というわけで非常にテンションが高まっております。

今回はFC先行で応募し見事アリーナ・スタンディング席に当選!スタンディング席が用意されているのもホルモン仕様だからだそうです。この記事で圧巻のライブの内容を少しでもお伝えできたらなと思います。

スポンサーリンク

Perfume FES !! 2017

愛知県体育館・大阪城ホールの二会場で行われた今回のPerfume FES !! 2017。その概要だけ簡単に記しておきます。6月には既に幕張メッセにてチャットモンチーとの対バンや前夜祭が行われていますがここでは割愛させていただきます。

[日程] 2017/09/06(水) [会場] 愛知県体育館 [開場/開演] 18:00/19:00

[出演者]スガ シカオ

[日程] 2017/09/07(木) [会場] 愛知県体育館 [開場/開演] 18:00/19:00

[出演者]レキシ

[日程] 2017/09/13(水) [会場] 大阪城ホール [開場/開演] 18:00/19:00

[出演者]星野 源

[日程] 2017/09/14(木) [会場] 大阪城ホール [開場/開演] 18:00/19:00

[出演者]マキシマム ザ ホルモン

Perfume FES !! 2017特設サイト

ライブレポート

開演20分程前に会場入り。アリーナはかなり細かくブロック分けされており安全を優先したのかなという感じがしました。モッシュとかクラウド・サーフィングは不可能な広さであり、厳しく規制されていました。。想定してたよりもホルモンファンの人が多く(体感3割ぐらい?)、対バン感がでておりました。

開演時間が過ぎると暗転。いきなりけたたましいバンド音が場内に響き渡り一気に対バンの口火が切られました。これは戦だといわんばかりの雰囲気に包まれます。ダイスケはん(Vo.)のシャウトとともにホルモンのターンが開始しました。

マキシマム ザ ホルモン セットリスト

M1:恋のメガラバ
M2:握れっっっっっっっっ!!
M3:シミ
M4:「F」
M5:便所サンダルダンス
M6:ミノレバ☆ロック
M7:ビキニ・スポーツ・ポンチン
M8:ロッキンポ殺し
M9:霊霊霊霊霊霊霊霊魔魔魔魔魔魔魔魔
M10:my girl
M11:ぶっ生き返す!!
M12:恋のスペルマ
有名曲を多く取り入れてきたセトリでした。中学生時代にこよなくホルモンを愛していた私にとって懐かしくなるような曲も。曲中ではホルモンファン、Perfumeファンに限らずがんがんヘドバンしていました。めっちゃくっちゃ楽しい!ホルモンの音は身体の奥底からいいようもないパワーをめらめらと湧きおこしてくれます。これは暴れて発散するしかない!ひたすら頭をふりまくっておりました。
4年前のZeppNambaではライブハウスのためかモッシュやらクラウド・サーフィングやらが無秩序に起こっていましたが今回はそういうのはなく、安心して楽しむことができました。
MCでは主にダイスケはん(Vo.)ナヲ(Dr.)とのトーク。アミューズネタを取り入れたり、Perfumeとは昔から仲良しだぜトークをしたりなど、とても面白いMCでほっこりした気分になりました。ライブ中の演奏とMCとのギャップがかなり落差があるのはPerfumeとの共通項なのかもしれません。
ホルモンの歌詞にはいわゆる放送禁止用語が頻繁に用いられてるのですが、モニターには普通に歌詞が表示されていました(笑)。特にM10 my girlでは◯ジャンプ(当サイトは健全なサイトなのでぼかしました)をPerfumeファンにやらせるなど何でもありな内容でしたwかくいう私も理性を忘れて思いっ切り飛び跳ねました。
「対バン」の名前通り、双方のファンを潰しにかかる、まさに戦闘とも表現できるような圧倒的な演奏であっという間に時間が過ぎ、ホルモンのターン終了。惜しむらくはM12 恋のスペルマの曲中で現れるスペルマダンスの予習を怠ったことですかね。。。予襲をおろそかにしてしまったのでしっかり復讐する所存です!今回はPerfumeファンに考慮してか、有名曲で固められたセトリでコアなファンではない私でも思いっ切り楽しむことができました!ホルモンのワンマンにも一回行ってみたいなーとは思いますが、絶対にぶっ潰されて再起不能に陥りそうですw 4年ぶりのホルモンの演奏、目一杯楽しむことができました!!!小休憩ののち、大本命Perfumeのターンです。

Perfume セットリスト

M1:FLASH
M2:GLITTER
M3:GAME
M4:Everyday
M5:メドレー (Relax In The City~だいじょばない~MY COLOR)
M6:if you wanna
M7:FAKE IT
M8:チョコレイト・ディスコ
M9:TOKYO GIRL
M1 FLASHが流れ出すと同時にPerfume登場。会場が一気に湧きあがります。ホルモンのターンでかなり体力を持ってかれた私ですが、3人の姿を見ると同時に一気に体力回復、ノリノリで楽しんでいました。カンフー風なダンスは見ていてその技巧さに惚れ惚れしてしまいます。爆音で聴くとめちゃくちゃ楽しく最高のPerfumeのターンの幕開けとなりました。
そして、M2 GAME。意外な曲をもってきてくれて思わずウォッと声を上げてしまいました。モニターに「GAME」の文字が現れると会場のボルテージが一気に急上昇。三人が10代の頃に世に出た曲でありますが、今のPerfumeならではの巧みさを増したダンスで、昔とは違った魅力を醸し出していました。爆音にシンクロしたキレキレのダンスに圧倒され続けていました。
M3 GLITTER。この曲にもびっくりしてGAME以上にウォーッと声を上げてしまいました。この曲は飛べますね。アリーナスタンディングでこの曲はめちゃくちゃ楽しい。この曲は高校受験の頃に聴きまくってた個人的な思い出があり、当時のことをふと思い出し目に涙を浮かべながらスポットを浴びて神秘的にさえ思えた三人の姿を目で追っていました。
次は新曲M4 Everyday。私にとって今回が初鑑賞曲。今までとは一転してなかなかノリにくい(笑)この新曲披露するときによくある今回の会場の戸惑った雰囲気は嫌いじゃないです(笑)。皆思い思いに不思議な感覚の曲を楽しんでいました。私は音楽に本能で身を委ねて体を左右に振って楽しんでいました。
MCではおなじみの自己紹介からの、ホルモンとは昔から共演してきたんだよーっという話メインの内容。ホルモンは今までの対バンツアー全参加ですからねえ、本当に仲が良い組み合わせです。ホルモンの演奏に圧倒され私達も負けてられない!と興奮気味に話しておりPerfumeも戦闘モード!私ももちろん戦闘モード!!!
この後はホルモンのメンバーのリクエスト曲によって構成されるメドレー。リクエストメドレーは他のアーティストでもあったようですね。それにしても今回はかなり毛色の違う三曲が選ばれました(笑)。特にマキシマムザ亮君(Gt.)Relax In The Cityを選択したのはその顔面とのギャップ(失礼)に笑い出しそうになりました(笑)。だいじょばないは安定のノリ曲。最高。かつての定番曲のMY COLORも今となっては懐かしさを感じる曲。やっぱりこの曲は会場が1つになった感があって楽しいですね。思い切り拳を突き上げ、私色を存分にアピールしました!この曲がセトリのど真ん中にあるとやや違和感がありましたが、名曲であることに変わりなく大満足。
短めのMCを挟んでもう1つの新曲M6 if you wanna。この曲もまたリズムが独特でノリにくいと思ったのですが、三人が丁寧にリズムの合わせ方をレクチャーしてくれたのでバッチリノリを合わせることができました。皆三人と一緒に不思議な曲調に委ねて拳を上げており、会場が一体となって浮遊感ある曲を堪能できたように感じます。初めてこの曲を聴いたときはその異質さに最初は馴染めなかったのですが、気付いたら再生回数が30回を超え、ライブで演奏を聴いたらすっかり虜になってしまいました。これが中田トリックか。
続いてM7 FAKE ITM8 チョコレイト・ディスコとライブ定番曲を立て続けに披露。会場のボルテージは最高潮!我を忘れて飛び跳ね、拳を突き上げ、声を張り上げました!スタンディングなので思いきり跳ねれてもうやばい!!!生きてて楽しいと思える瞬間でした。
テンション最高の二曲で凄まじい盛り上がりを見せた後は、短いMCを挟んで本編最後の曲M9 TOKYO GIRL。生でこの曲の演奏を聴くのは初めてでしたが、想像以上にライブ映えする曲に感じました。会場で大音量で音を浴びると印象が全然変わるというのはPerfumeの楽曲によくある現象ですが、この曲ではかなり顕著なように感じました。サビはかなりノれるし、巧妙なダンスにすっかり目を奪われました。単なるドラマ主題歌にとどまらない非常に作り込まれた名曲です。これからもどんどんライブでやってほしいものです。
曲が終わり本編終了。休憩タイムです。しばらくするとアンコールコールが会場に響き渡ります。

アンコール セットリスト

E1:レーザービーム
E2:ねぇ
アンコールコールに呼応して三人が舞台に再登場。今までの二度にわたるホルモンとの対バンでは毎回ナヲ(Dr.)とのダンスのコラボレーションを披露してくれたのですが舞台にはナヲの姿は見られません。MCで「ナヲさんは子供を出産したばかりで、今回は残念ながら休養のため一緒にステージに立つことは叶いませんでした・・・。」という旨をあ~ちゃんが話して会場のテンションは下がってしまった・・・。(しかし私はあ~ちゃんがクスッと笑いを込めて話していたのを見逃しませんでしたよ!)
MCのあと三人によるアンコール開始。E1 レーザービームのイントロが流れてしばらくすると、会場から異様な歓声が沸き起こりました。なんだなんだと思いステージを注視すると四人目のPerfumeナヲの姿が!!!出産後だろうと関係ない!ってことですね!しかもかなり練習を重ねてきたのか非常にクオリティの高いダンスを披露してくれました。レーザービームのダンスは三人のフォーメーションの移り変わりが面白い曲なのですが、ナヲ中心の少し変わったフォーメーションで普段と全く違ったレーザービームを楽しめました。
MCではナヲとPerfumeとの和気あいあいとした仲良しトークが繰り広げられます。このままトークをしばらくして今日は終わりかなあ?と思いきや話の流れから、会場からナヲのことを指して「ブス!」などとひどい言葉が。ナヲ「誰だ!今ブス!って言った奴!誰?ねえ!?ねえ!?ねえ!?」

Perfume&ナヲ「ねぇ」

E2 ねぇが突然始まりました(笑)。この曲の始まり方はあまりにも斬新で笑ってしまいました。まさかアンコール二曲やるとは思わなかったです。そしてねぇの方のダンスもかなりナヲのクオリティが高かった。ねぇのポーズをするナヲがかわいく思えてしまった私はちょっと感覚が麻痺してしまったのでしょうか。。。先ほどのMCのハッタリも含めて非常にサプライズ感たっぷりでまさにFES!!といった雰囲気です!
さらにサプライズはこれだけではありません!先日ダイスケはんが40歳の誕生日を迎えたようで、バースデーソングを会場全員で歌うことに!ダイスケさんも客席で非常にびっくりしていたとともにとても喜んでいる様子でした。メンバー同士、そしてこのPerfume、ホルモンの二つのグループは本当に仲良いんだなあと思わせるイベントでした。Perfumeファンの人も一緒にダイスケはんを祝ってあげてとてもほっこりしました。Perfume FES!! 2017のフィナーレを締めくくるのに最高の演出でした。最後に別れを惜しみつつ、皆ステージから去っていきました。両アーティストとも、最高の演奏&演出をありがとうございました。
詳しい写真などはナタリーのページに掲載されているので合わせて見てみてください!

まとめ

4年ぶりのホルモンとの対バン!とのことで何日も前から非常に楽しみにしていたライブでした。そしてそのライブ内容は期待を遙か遙か遙か上をいく、素晴らしくて熱くて楽しくてほっこりして、、、と言葉では形容できないような多幸感に包まれるライブでした。Perfumeもホルモンもより一層大好きになりました。これからも研究頑張ろう!と力を分け与えてくれました!Perfumeも頑張ってるし私も頑張らないと!

Perfumeは最近ではdocomo×Perfume 最先端の通信テクノロジーを活用したコラボレーションが実現に見事成功したりと新たなる領域にも積極的に挑戦しており、本当に成長をやめない、高みを目指しているグループだなあと思い、小さい頃からずっと人生の目標としていることは相変わらずです。

また、次のライブの予定としてOfficial Fanclub「P.T.A.」発足10周年SPECIAL! ファンクラブ限定ツアーの開催が決定しています。8年ぶりのファンクラブツアー、当時とはファンクラブの人数も桁違いですが果たしてどのような雰囲気のライブになるのか。。。今から来年が待ち遠しいです!詳しくはこちらへ。

今回は非常に長々としたライブレポになりました。最後まで読んでくれた方には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。少しでもライブでの興奮が伝わってくれたら。。。と思います。ただどうしても言葉では伝えられないものなんで実際に目で見て体で感じてPerfumeの魅力を感じてほしいと思います!以上、ありがとうございました!!!