【圧倒的晴天】白山登山記二日目【超絶景】(2015.7.11-12)

【山行ルート】

※PT…20代男性5人女性2人

[一日目] 2015.7.11 天候:晴れ

別当出合(9:30)→甚之助避難小屋(11:45)→南竜ヶ馬場(14:00) (CT 4:30)

[二日目] 2015.7.12 天候:晴れ

南竜ヶ馬場(4:40)→トンビ岩(6:00)→室堂(6:30)→御前峰(7:40)→翠ヶ池→千蛇ヶ池→室堂(9:40)→黒ボコ岩(11:00)→(砂防新道)→別当出合(14:20)(CT 9:40)

白山登山①』の続きです。読んでない方は先に読むことをオススメします!

【山行レポート】

[二日目] 2015.7.12 南竜ヶ馬場(4:40)→トンビ岩(6:00)→室堂(6:30)→御前峰(7:40)→翠ヶ池→千蛇ヶ池→室堂(9:40)→黒ボコ岩(11:00)→(砂防新道)→別当出合(14:20)(CT 9:40)

この日はかなりの長丁場なので4:00に起床し早め早めの行動を心がけていきます。

寝起き&寒い中でしんどくはありますがてっぺん目指して出発です。絶景のオンパレードだったので写真がかなり多くなりますがお付き合いくださいませ。。。

早朝のキャンプ場の様子。みんな朝が早い雰囲気でした。

しばらく登ると視界が開けてきます。御嶽山がよく見えます。

雪がたくさん残っていたのでコースを間違えないよう慎重に進みます。

日が出てくると暖かくなって快適に。

雪道をしばらく進むとトンビ岩が見えてきました。

トンビ岩からの光景です。最高に気持ちのいい朝だ~♪空気も澄んでる~♪

頂上方面を見上げます。結構登ってきた感。

高山植物に囲まれます。気持ちいい道です。

室堂に到着する直前に雪原が広がっていました。さすが、白山の名の通り雪が多いですね。。。

室堂に到着しました。宿泊客とおぼしき人たちがラジオ体操をしていたので私もちゃっかり一緒に体操しました(笑)。

山の空気を吸い込みながらの体操は格別ですなあ。良質な酸素が肺にしみこんできます。

室堂センターでは白山にまつわる情報が手に入ります。

ハクサンオミナエシでしょうか。道脇に咲いていました。

御前峰方面を見上げます。さあ登るぞお!

つづら折りの道をゆっくりと進みます。

室堂方面を見下ろします。結構登ってきましたな。

そしてついに御前峰、白山最高峰に到達です!

日本三名山の頂からの景色は圧巻の一言。どの方面を見ても息を呑む光景が広がってきており、写真ではなく是非全身を使って白山を浴びてほしいです!以下、山頂からのショット集です。

大汝峰剣ヶ峰

剣ヶ峰方面。

もう、シャッターを押す手が止まりません(笑)。素晴らしい山です!圧倒的晴天にも恵まれ深田久弥も愛したこの山の醍醐味を私も十二分に味わうことができて、思わず涙さえ浮かべてしまうほどでした。

この後は室堂に直帰するのではなく山頂付近の池を巡ることにしました。

池まではさらに北へ下ります。

すごく澄んだ色の池です。

圧倒的な空間。

すごくただ広い空間が広がっており自分の小ささを思い知りました。

紺屋池です。綺麗な澄んだブルー!

平坦な道なので快適に池巡りできました、が、標高が高くやや息苦しい。

周回して室堂方面へと戻ります。

そろそろ雪にも飽き(ry

室堂に戻ってきました。昼食をとったのちに行きに辿ったルートとは異なり、黒ボコ岩方面へ降りていきます。

行きと違う道は下りも楽しむことができてお得感を感じれますねえ。ここもいい道だー。

頂上方面を振り返ります。こうしてみるとほんと白山カッケーな!

高山植物が多く咲いている道だったのでつらいはずの下山がすごく楽しく感じます。

黒ボコ岩からの景色。スケールの大きさに感動、風もすごく心地よかったです。

ここから観光新道砂防新道の二通りの別当出合までの下り道があります。

観光新道は高山植物のお花畑が広がった光景が存分に楽しめる道だそうですが、事前に友人から観光新道は下りが急過ぎて膝へのダメージが大きいと聞いており、既に長時間の行程をこなしてきた我々の体力面も考慮し、今回は砂防新道で下山することにしました。

すごいつづら折りの道です。ゆっくり膝をいたわりながら下っていきます。

霊峰白山 延命水 これ飲めば寿命が延びるのでしょうか。。。ちょっぴり飲んでみたらよく冷えてておいしかったです。長生きしてたくさんの山を登りたいものです。

ふと見上げるとかなりの高度差を降りてきたことが分かります。この日の標高差はなかなかなものです。。。

途中からは行きに登ってきた道に合流し淡々と下山していきます。1,000 mを優に超える標高差をくだってきたので最後まで足をつまずかないよう気を抜かずに別当出合に戻りました。

【まとめ】

今回の山行は7月上旬と梅雨真っ盛りであり、なかなか勇気ある日程選択でしたが、いざ登ってみたら過去最高レベルの晴天具合で最高の山行になりました。

日本三名山に選定されるだけあり、可憐な高山植物、圧倒的な頂上からの景観、山そのもののダイナミックさを全身で思いっきり感じることができました。

感動のあまり異常な量の写真を掲載してしまいましたが、とても写真を見るだけでは今回の山行の醍醐味は味わえるものではなく、多くの人に実際に足を運んでほしい山であります。

コース的に日帰りでの山行は厳しいですが、山小屋はどれも非常に充実しており、HPや登山情報も豊富に揃っており、ある程度日帰り登山をこなしてきた人なら十分挑戦できる山ではないでしょうか。

くどいようですが、白山はほんとにほんとに素敵な山で、何度でも登りたくなる大好きな山です。きっとこれからの人生、何度も足を運ぶことになるでしょう。

写真多めの記事になりましたが最後まで目を通してくださりありがとうございました!!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする