【京都カフェ】イノダコーヒ本店に訪れてみた【絶品ビーフカツサンド】(2017.8.15)

京都市内を中心に展開される喫茶店であるイノダコーヒについて取り上げようと思います。今回はイノダコーヒ本店に訪れ、モーニングを楽しんだのでその詳細について紹介します。

スポンサーリンク

イノダコーヒ

イノダコーヒは京都市に本店・本社を置くコーヒーのチェーン店です。京都市中京区の堺町通三条にある本店を中心として京都市内に数店を展開しているほか、最近では札幌駅、東京駅、広島駅の駅前にも展開しているようです。

本格派の料理が提供されることから、スタバなどの大手チェーンの倍程度の価格帯で料金を提供しており、京都で贅沢なひとときを味わいたいときに訪れてみるとよいでしょう。

自社の焙煎工場で作られる「アラビアの真珠」と名付けられたブレンドコーヒーが自慢であり、また、自前のケーキ工場も有していることからデザートのクオリティにも並々ならぬこだわりを持っているようです。

INODA COFFEE WEB SITE

実食レポート

アイスコーヒー

「アラビアの真珠」で有名なイノダコーヒですが、真夏で汗だくだったため普通のアイスコーヒーを注文しました(汗)。

ロールパンセット w/アイスコーヒー 880円

先ほどのアイスコーヒーはこちらのロールパンセットとの組み合わせで注文したものでした。揚げたてジューシーなエビフライがパンズに挟まれているという、単純明快ながらも奥行きのある深い味わいで、有意義な朝たらしめてくれます。ロールパンの後ろに隠れて見えづらいですが、セットにはサラダもついてきます。

フレンチトースト 560円

糖分たっぷりの仕上がりのフレンチトースト。朝の眠たい頭にブドウ糖が隅々にいきわたり、シャキっと目覚めさせてくれます。左奥に見えるジュースはレモンスカッシュです。

ビーフカツサンド 1,880円

今回の最大の目玉メニューはこちらのビーフカツサンドです!!!その高い値段に驚きを隠せませんが、その味はやはり強気の値段設定に相応しいクオリティでした!

レア気味に焼かれたビーフは本格ステーキ屋も顔負けのジューシさで噛みごたえも抜群!良質な脂が口の中に広がり、舌がとろけてなくなりそうになります。薄めのサクッとした衣も全くくどくなく、ビーフの脇役として味わいをより一層深めてくれます。

また、しっかり焼かれたサンドパンもサクサクとした食感で、ジューシーなビーフとの対比がお見事。素晴らしいコンビネーションを発揮してくれます。

さらに、上に乗ってるベーコンですが、これは、もう、至高の一言。これまで描いていた私のなかのベーコン像を大幅に塗り替えてくれました。ただひたすら、美味しく美味しく喰らっておりました。

かなり強気な値段設定で手が出しずらい商品ですが、、、イノダコーヒ渾身の一品であることは実際に食べてみてまざまざと思い知りました。食べて後悔は絶対しません!ぜひ一度ご賞味あれ!

店内には一階席と二階席が用意されていました。こちらは階段から一階席を見下ろした様子。高級感があふれでています。また、レジ前にはコーヒー豆やマグカップ、その他雑貨のようなおみやげグッズなどのラインナップが豊富でした。遠くから京都に訪れたときはお土産を買っていくのも素敵でしょう!

まとめ

今回は京都の名店、イノダコーヒ本店について紹介しました。全体的に価格帯が高く、手軽に入るにはなかなか敷居が高いお店であることは違いないです。。。しかし料理のクオリティは非常に本格派であり、落ち着きのある店内も非常に居心地が良いです。たまの贅沢のときにはぜひイノダコーヒに訪れ、絶品の数々に舌鼓を打ちながら、ゆっくり時の流れる京の都でのひとときを思う存分堪能するとよいでしょう。人生がより豊かになり、多幸感に包まれることができるはずです。



Booking.com

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする